利用事例 | 瀬尾商店 (雑貨・インテリア)

雑貨・インテリア発注機能

紙の管理がなくなり、
共有もかんたんに。

瀬尾商店
瀬尾様

抱えていた課題

  • ・FAX発注なので、発注した内容を紙で保管する必要があった。
  • ・再発注の時に、都度発注書を作成しなおさなければならなかった。

コレック導入後

  • ・FAX発注でも紙で保管する必要がなくなり、他のスタッフと共有がしやすくなった。
  • ・発注履歴データを元に再発注ができるので、発注の手間が大幅に削減された。

これまでの発注の様子と課題について教えてください。

瀬尾商店はインテリア雑貨を扱うオーダー家具店で、取扱い商品はオリジナルのオーダー家具から、USED商品や雑貨全般、ネジやノコギリなどのDIYグッズ、アパレルまで幅広く取り扱っています。

これまでは基本的にFAXで発注をしており、発注書はファイルを用意して紙で管理しておりました。発注は私とバイトさんで行うのですが、再発注や共有が不便でした。

コレック導入の背景と効果を教えてください。

コレックを提供している株式会社ラクーンコマースが運営する卸サイトの「SUPER DELIVERY」を元々利用しており、そちらからコレックを知り利用をはじめました。

メールでの発注もFAXでの発注もすべてコレック上でまとめてでき、さらに発注の履歴が自動で残るのが便利です。
これにより紙の管理が必要なくなり、バイトさんとの共有がしやすくなりました。また再発注も履歴から選ぶだけで完了するので、発注業務の手間がなくなりました。

今後、コレックをどのように活用していきたいですか?

当店ではデザイナーさんの委託商品も扱っており、今までは売上を手書きで伝票に書いて管理しておりましたが、種類や売上の増加に伴い手間も増えてきたので、これらの管理も今後はコレックを活用してみようと思います。

発注の際には仕入金額の把握のため下代も入力しているのですが、集計機能などが増えると、管理ももっと楽になると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加