利用事例 | IFNi ROASTING & Co. (豆の焙煎・卸)

豆の焙煎・卸受注機能

リファックスがなくなり、
出張中でも対応が可能に。

IFNi ROASTING & Co.
オーナー 松葉様

抱えていた課題

  • ・決まった受注フォームがなかったので集計が手間だった。
  • ・出張などでFAXの確認が遅れ対応が遅くなることがあった。
  • ・FAX受注のリファックス対応が大変。

コレック導入後

  • ・発注先と弊社で相互にミスがなくなり、発注も楽になったと言われる。
  • ・リファックスも必要なくなり、どこにいてもタイムリーな受注対応が可能になった。
  • ・金額集計の手間もなくなった

コレック導入の経緯を教えてください。

弊社は自社オリジナル商品の卸しだけではなく、取引先のブランドに合わせたブレンドと焙煎でOEM生産もしております。その為、取引先ごとに注文フォームを作成できる仕組みが必要でした。

また、システム費用に多額の投資ができないこともあり、シンプルで安く導入でき、私達の要望にも合っていたコレックを利用することに決めました。

これまでの受注方法と課題を教えてください。

  1. コレック導入前はカタログを作成・送付。それをもとにメールやFAXで受注をもらっていましたが、決まった書式がなかったので受注の集計などが手間でした。
  2. 少人数なので担当が出張するとFAXの確認が遅れたりして対応が遅くなることがありました。
  3. FAX受注の際のリファックスの作業が大変。
  4. 記入漏れや手計算によるミスが発生することもありました。

取引先の反応と導入後の効果はいかがでしょうか。

既に発注のシステムが入っている大手さんを除いては、コレックでの発注をしてくれてます。相互にミスがなくなり在庫などもわかるので便利になったと言われますね。

弊社としてはWebからの連絡ができるようになり、リファックスの必要がなくなりました。また出張先からでもタイムリーに受注の把握と対応が可能になりました。そして最も効果があったのは、受注額の手計算が必要なくなり合計が自動で算出されることです。これにより手間とミスがなくなりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加